千葉県最大級の土地情報専門サイト!気になる土地が見つかったら、好きなハウスメーカーの元へ物件を印刷して持っていこう!

TOP > 土地探しの5つのコツ
土地探しの第一歩は、できるだけ多くの情報を集めることが重要

家づくりは一生に一度のビッグイベントとよく言われますが、なかでも

慎重かつ手際よく進めたいのが土地選び。 一言に「土地」といっても

・・・見るべきところや注意すべきところなんて最初からわからないで

すよね?どんな土地を選ぶかにより、その上に建つ家の規模はもち

ろん、快適性、安全性、耐久性にも大きな影響を与えます。

土地選びの第一歩は、自分たちがどのような土地に住みたいか、ライフスタイルや好みなどの要件をチェック

することです。たとえば、広さ、価格、学校や公園、交通の便、道路の幅、防犯…。 土地選びの要件はたくさ

んありますが、これらのひとつひとつの項目を自分たちがどのようにとらえているのか評価するという作業から

始めましょう。土地選びに際しては、どの工程においてもできるだけ多くの情報を集めることが重要です。 そし

て、有力な候補地には必ず足を運び、自らの目で確かめること。実際に足を運ぶことで、その土地のいろいろ

な面が見えてくるものです。

優先順位を決めて、エリアをしぼる

住みたい街、住みやすい街、憧れの景観。理想の家づくりには

「どこに住む」「どんなところに住む」の判断が必要不可欠です。

と同時に、土地と家との予算配分や家づくりで優先させることも

大切にしたいところ。ハウスビルダー・工務店は広範なネットワ

ークを駆使して土地情報を収集しており、中には不動産流通情

報にまだ掲載されていない土地情報を持っていることも。気に

入った土地がないから・・・とあきらめる前に、あなたの夢をご相

談してみては?

■郊外 通勤に時間がかかりますが、価格と広さは魅力。敷地は50~60坪は確保したいところです。特に、新しい

駅などの計画があり、近隣とのアクセスがよくなる場所は狙い目です。ただし、単なる謳い文句になっているケース

もあるので、確実性は確認を。


■市街地 利便性を重視するなら、市街地が一番。駅近くの市街地なら、建築用途も広く、高さや建ぺい率、容積率の制限が低層住居系に比べて緩いので、3階建てなど設計の幅が広くなります。建ぺい率、容積率などには一定の制限がありますが、良好な環境が保てます。

豊富な情報源。プロの目で適した土地を選ぶ!

住みたい街、住みやすい街、憧れの景観。理想の家づくりには

「どこに住む」「どんなところに住む」の判断が必要不可欠です。

と同時に、土地と家との予算配分や家づくりで優先させることも

大切にしたいところ。ハウスビルダー・工務店は広範なネットワ

ークを駆使して土地情報を収集しており、中には不動産流通情

報にまだ掲載されていない土地情報を持っていることも。気に

入った土地がないから・・・とあきらめる前に、あなたの夢をご相

談してみては?

建物に力を入れると、どうしても土地の予算は限られてしまいがち。一方、地型のよい土地の価格は高額である

ことは言うまでもありません。そんな場合でも、注文住宅であれば、敷地のデメリットを克服する間取りプランを自

在につくれます。比較的安い変形敷地や北道路、奥まった旗竿状敷地や傾斜地も候補に入れてみては。

賢くおトクに土地を選んで、同じ予算でより広い土地を手に入れましょう。そのためにも、家づくりのプロに早めに

ご相談を。

いい土地の基準となる4つのポイント

1.安全かどうか

2.健康的な環境かどうか

3.便利さはどうか

4.住むのに適した環境かどうか

この4点に気をつけると土地選びがうまくいくと一般に言われているそうです。もう少し具体的にいうと…

・駅から近い

・広い道路に面している

・間口がある ・住環境がいい

・土地の大きさが手ごろ

・道路との高低差がない

×駅から遠い

×前の道路が狭い

×間口が狭く奥行きが長い、細長や旗ざお形

×住環境が悪い

×土地が狭すぎる

×道路との高低差がある、傾斜地である

しかし、この考え方はあくまで「一般的」なものです。何を重視して何に目をつぶるか、

何が気になって何が気にならないかによって評価は全く違ってきます。中には景観のいい

斜面がいいという人もいます。会社勤めでなければ駅から遠くても問題ありません。

家族にとって何が大切で何が大切でないかを十分に検討た上で、それに見合った

土地を購入することが何より大切です。

住宅には接道義務があります。

接道義務とは、建築物を建築する際に、敷地が建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないというものです。 これをたしていない敷地は、再建築をすることが出来ません。ここで言う道路は、建築基準法上で認められていることが必要です。舗装されている「道」であっても

、建築基準法で認められていなければ道路ではありません。建築基準法では4m以上の道幅のものを道路としています。4mに満たない道路に面している土地に新しく家を建てる場合には、道路の中心より2mの距離を取って立てなければならないので注意が必要です。

このページの先頭へ▲